自動車

私の好きな自動車たち〜レクサスIS250C&三菱アウトランダーPHEV

更新日:

一番欲しいレクサス~レクサスIS250C

photo by peterolthof

 

LFAを別格とすれば、レクサスブランドの車はあまり好きではありません。どうしてもブランドイメージではメルセデスやBMW、キャデラック等の欧米のライバルに見劣りがしてしまいますし、あのスピンドルグリルは個性的に過ぎて抵抗感があるからです。そんなレクサスの中で、唯一購入意欲が湧く車が、「ISC」です。

国産車では唯一の4シーターコンバーチブルという点で貴重な存在ですし、品の良いデザインが魅力です。オープンにしてもクローズにしても、どちらの状態でも様になるデザインで、特にクローズドでクーペにした際に違和感がないのは評価出来ます。又、スピンドルグリルになる前のフロントマスクも上品で、トータルのまとまりはなかなかのものです。一度だけ観光地でオープン走行している姿を見掛けた事がありますが、セレブ感が漂っていて良い感じでした。又、実用面を考えても、幅が1.8mを切っている事や、ターニングサークルが5.1mと小さい事など、その気になればスーパーの買い物にも気軽に使えそうな所にも魅力を感じます。

グレードは、3.5L V6の「350C」と2.5L V6の「250C」に大別出来ますが、コンセプトからして飛ばす種類の車ではなく、優雅に流してこそ様になる車なので、個人的には排気量の小さい250Cの方を選びます。価格は、250Cのベースモデルなら500万円を切ります。少し贅沢をしてFスポーツを選んでも、560万円程なので決して高価過ぎる事はありません。このISCで物足りない所は、10km/L前後という燃費と、安全装備です。例えば、クラス的にライバルとなるメルセデス・ベンツE250カブリオレは、15km/Lを超えるカタログ燃費ですし、数々の運転支援装備を備えます。その面でもう少し頑張ってくれると、更に魅力的な車になる筈です。

 

一番欲しい国産HV車~三菱アウトランダーPHEV

photo by uotch

 

個人的に今一番欲しい国産ハイブリッド車が、三菱アウトランダーPHEVです。この車の最大の魅力は、モーターによる走行をメインにしながら、EVのように航続距離を気にせずに済む事です。エンジンが主の従来のハイブリッド方式と異なり、静かでスムーズでトルクの大きいモーターにより常時走行出来るのは、燃費のみならずドライバビリティの観点からも大きなメリットです。似たようなシステムを採用する車種に、ホンダ・アコードハイブリッドがありますが、それと比べてもプラグイン機能を備えよりバーサイタルな使い方が出来るアウトランダーに、一層の魅力を感じます。

このアウトランダーPHEVは、登場と同時に大人気を博しましたが、予想外のバッテリーのトラブルにより一旦生産停止に追い込まれ、人気に水を差した形になりました。しかし、再生産が始まると同時に再び人気が沸騰した事から、私と同じようにこの車に魅力を感じている人が大変多い事が分かりました。そして、セダンやミニバンタイプのハイブリッド車が多い中、このアウトランダーPHEVはRV車をハイブリッド化した点にも価値があります。走破性の高いAWDシステムや、RV車ならではの高いアイポイントによる見切りの良さ等は、魅力のひとつになります。

又、RV車とは言えボディ・サイズも大き過ぎる事がなく、殊に全幅が1.8mに収まっている点は、取り回しや駐車の事を考えると大きなメリットになります。強いて気になる点を挙げれば、デザインが凡庸に過ぎ、折角の内容の素晴らしさを体現出来ていない点です。日産ムラーノのようにとまでは言いませんが、もう少し個性を主張したデザインが望ましいと思います。

-自動車

Copyright© 尼崎で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.